実務レベルの医業経営コンテンツをご提供する会員制サイトMMI実務レベルの医業経営コンテンツをご提供する会員制サイト「MMI」

調剤薬局最前線

調剤薬局最前線

全 223 件
    次の10件>  最終>>| 

【特集企画】オール薬剤師での対話重視し次世代へ確かな一歩踏み出す

日薬次期会長候補・岩月氏かく語る

調剤薬局
2024-04-22
先ごろ開かれた第103回臨時総会において、「日薬を変えたい」との強い意志を表明していた専務理事の岩月進氏が次期会長候補者に選ばれたことにより、抜本的な組織改革に着手すべき局面が強調された日本薬剤師会。  ・・・もっと見る

緊急避妊薬調査事業2カ月間で2,181件の販売実績

日薬 潜在的な需要が想像される成果に言及

調剤薬局
2024-04-17
日本薬剤師会は厚生労働省の委託による「緊急避妊薬販売に係る環境整備のための調査事業」に関する現段階でのとりまとめ状況を公表し、全国で2,000件以上の販売実績に達していることが明らかとなった。  ・・・もっと見る

調剤薬局での健サポ機能発揮「収益面でのメリットない」と6割以上が認識

NPhA OTC販売継続に向けて好事例の収集・共有推進

調剤薬局
2024-04-11
日本保険薬局協会(NPhA)が行った会員薬局調査で、6割以上が健康サポート薬局に「収益面のメリットはない」と認識している実態が明らかとなった。一方で収益面以外のメリットについては約4割が「特になし」と回答しているものの、フリーコメントでは「地域における認知度向上」、「職員の成長」、「患者満足度の向上に寄与している」との意見が多くみられている。  ・・・もっと見る

2024年度 調剤報酬改定

「医療DX推進体制構築」に向けた新設加算の三本柱(I)

調剤薬局
2024-04-04
2024年6月から施行される診療報酬改定の概要が明らかになりました。今改定は6年に1度となる医療・介護・障がい福祉サービスのトリプル改定となりましたが、保険薬局に関連する重要なポイントを、本稿で何回かに分けて紹介したいと思います。  ・・・もっと見る

日薬会長選結果「しかるべき人が選ばれたのではないか」

山本会長 現役が立候補しない会長選は40年ぶりと感慨

調剤薬局
2024-03-29
日本薬剤師会は3月13日に開いた定例会見で第103回臨時総会の状況を報告し、三つ巴となった次期会長候補者選挙について山本信夫会長は、「淡々と見ていた。(候補者が)3人いても4人いても“しかるべき人”が選ばれたんだろう。僕のあとを誰がやってくれるのか、という意味では無関心ではないが、誰にとっても大きな関心事。あれが良いというようなことは立場上違うだろうから、それは今でも変わっていない」との受け止めを寄せた。  ・・・もっと見る

医薬分業50年の節目に変化への対応力求め「薬剤師会改革」選択

日薬 オール薬剤師の組織模索訴える次期会長候補者決定

調剤薬局
2024-03-27
日本薬剤師会は先ごろ開いた第103回臨時総会で2024年度の事業計画・予算案を固めるとともに、任期満了に伴う役員改選で次期会長および副会長の候補者を決めた。  ・・・もっと見る

調剤一部外部委託は必要性自体の慎重な検討が必要

日薬 国家戦略特区事業に際して意見書提出

調剤薬局
2024-03-21
日本薬剤師会は薬局における調剤業務の一部外部委託をめぐり、このほど示された国家戦略特区制度による特例措置案に際し、意見書を内閣府と厚生労働省に提出した。調剤の一部外部委託については、規制改革実施計画に基づき、実施を可能とするための法令改正を含めた制度整備が検討されているが、日薬では委託の目的や患者や地域医療に与える影響が検討されていないとし、「必要性について慎重に検討すべきである」など大きく6つの点について指摘している。  ・・・もっと見る

能登半島地震災害医療支援「当初の目的達成」と判断

日薬スキームにおける活動報告 柴垣現地本部は閉鎖へ

調剤薬局
2024-03-19
2024年能登半島地震の災害支援活動において、2月下旬までに日本薬剤師会のスキームによる薬剤師派遣人数は延べ1,799名に達するとともに、1月7日から2月25日までのモバイルファーマシー出動は計13台に達したことなどが報告された。  ・・・もっと見る

かかりつけ薬局を持つ生活者層は引き続き伸び悩み状態ながら転換気配も

製薬協「第17回くすりと製薬産業に関する生活者意識調査」

調剤薬局
2024-03-14
先ごろ日本製薬工業協会が公表した第17回くすりと製薬産業に関する生活者意識調査の結果報告書で、「かかりつけ薬局がある」との回答が35.9%となった。  ・・・もっと見る

2024年度 調剤報酬改定 「かかりつけ薬局・薬剤師」指導料等の改正点(1)

幾つかの診療報酬項目で同指導料等、算定薬局の要件緩和

調剤薬局
2024-03-05
2024年2月14日の中央社会保険医療協議会(中医協)総会で、武見敬三厚生労働大臣に診療報酬改定内容を答申、点数表も含めて答申資料のほぼ全容が明らかになりました。  ・・・もっと見る

    次の10件>  最終>>| 

最新の医業経営コンテンツ

【NEWS】23年12月の保険給付費は総額9,206億円

医業経営情報 最新情報

厚生労働省はこのほど、2023年12月の「介護保険事業状況報告の概要(暫定版)」を公表した。詳細は以下の通り。 ・・・

2024-04-23

【NEWS】 24年2月末時点の医療事故報告39件 日本医療安・・・

医業経営情報 最新情報

日本医療安全調査機構がこのほど公表した「医療事故調査制度の現況報告」(2月末時点)によると、医療事故報告は39件、すべて病院からの報告だった。診療科別の報告件数は、内科/10件、外科・その他/各6件、循環器内科/5件、消・・・

2024-04-23

Q. 「介護職員等処遇改善加算」への移行に向けた経過措置にはど・・・

医業経営情報 最新情報

2024年度介護報酬改定で既存の処遇改善関連3加算の一本化で新設される「介護職員等処遇改善加算」(新加算)の早期取得を目指していますが、キャリアパス要件などを短期間で満たすのは難しいと感じています。例えば、現時点で「介護・・・

2024-04-23

【24年度診療報酬改定】「医療DX推進体制整備加算」の運用など・・・

医業経営情報 最新情報

厚生労働省が4月12日に公表した2024年度診療報酬改定の「疑義解釈資料(その2)」で、調剤では「医療DX推進体制整備加算」や「かかりつけ薬剤師指導料」などを取り上げた。 ・・・

2024-04-22

【NEWS】23年度10月の調剤医療費、前年度比7.3%増の6・・・

医業経営情報 最新情報

厚生労働省はこのほど、2023年度10月の「最近の調剤医療費(電算処理分)の動向」を公表した。10月の調剤医療費は6,922億円となり、対前年度同期比で7.3%増加した。内訳は、技術料が1,922億円(対前年度同期比8.・・・

2024-04-22

【特集企画】オール薬剤師での対話重視し次世代へ確かな一歩踏み出・・・

医業経営情報 最新情報

先ごろ開かれた第103回臨時総会において、「日薬を変えたい」との強い意志を表明していた専務理事の岩月進氏が次期会長候補者に選ばれたことにより、抜本的な組織改革に着手すべき局面が強調された日本薬剤師会。 ・・・

2024-04-22

2024年度診療報酬改定における生活習慣病管理の見直し

医業経営情報 最新情報

3月5日に2024年度診療報酬改定の告示が行われました。今回、特に内科を中心に注目しているのは「生活習慣病管理」の項目です。通常、生活習慣病患者については、特定疾患療養管理料が算定されてきました。改定議論の中でも特定疾患・・・

2024-04-22

[メディカルウェーブ/No.4768]  マイナ促進、6-11・・・

医業経営情報 最新情報

「かかりつけ医機能」報告、厚労省が論点示す~厚労省・分科会/新たな地域医療構想、全自病が見解取りまとめへ~全自病 他・・・

2024-04-19

新規会員登録をする

ログインする