実務レベルの医業経営コンテンツをご提供する会員制サイトMMI実務レベルの医業経営コンテンツをご提供する会員制サイト「MMI」

調剤薬局最前線

調剤薬局最前線

全 132 件
    次の10件>  最終>>| 

グローバリズムとは対極にある「地域密着」型薬局の取り組み(3)

新しい時代の薬局経営・SDGsの実践

調剤薬局最前線
2021-10-20
岡山県内で14店舗を展開する(株)マスカット薬局(高橋正志代表取締役 資本金1,000万円 年商36億円/2019年度)グループは1998年の創業。当初から「岡山県各地域の健康を守る」ことを本位とし、県外に事業を拡大しないとのスタンスは一貫しており、各店舗が地域に密着したユニークな取り組みを実践してきました。  ・・・もっと見る

グローバリズムとは対極にある「地域密着」型薬局の取り組み(2)

服薬指導ブース「完全個室化」の副作用とは

地域連携薬局調剤薬局調剤薬局最前線
2021-09-15
新たな薬局認定制度が誕生し、2021年8月より認定の始まった地域連携薬局。筆者は3店舗ある全店舗での認定を目指す某薬局グループの本店を見学させて頂く機会を得ました。  ・・・もっと見る

グローバリズムとは対極にある「地域密着」型薬局の取り組み(1)

地域連携薬局と「家族」経営

専門医療機関連携薬局地域連携薬局調剤薬局調剤薬局最前線
2021-08-31
2019年12月に交付された薬機法(医薬品医療機器等法)改正で、「地域連携薬局」及び「専門医療機関連携薬局」という2タイプの機能別薬局の名称独占による認定制度が始まります。  ・・・もっと見る

2021年度介護報酬改定訪問薬剤師による居宅療養管理指導の改正チェックポイント(下)

近年急増の「施設訪問」。要件厳格化で今後は抑制へと向うか

ポリファーマシー調剤薬局最前線
2021-07-26
地方の某県で11店舗を運営するM薬局グループは、薬剤師の在宅訪問指導に熱心に取り組んでいる企業。11店舗あるうちの2店舗で既に健康サポート薬局の届出を行っています。店舗毎の需要に差はあるものの、現在高齢化の進展する地域において、全店舗で医療保険の在宅訪問薬剤管理指導及び、介護保険の居宅療養管理指導を実践しています。各店舗では原則1名の薬剤師が店舗専任。  ・・・もっと見る

2021年度介護報酬改定訪問薬剤師による居宅療養管理指導の改正チェックポイント(中)

介護支援専門員と薬剤師相互の情報連携を算定要件や運営基準に記載

介護報酬改定居宅療養管理指導調剤薬局最前線
2021-06-16
前回では介護報酬改定の居宅療養管理指導における、オンライン服薬指導の評価の新設を中心としたトピックスについて紹介させて頂きました。今回はその他の事項も含め保険薬局の「居宅療養管理指導」を巡る改正ポイントについて、2020年の厚生労働省介護給付費分科会での議論の内容を踏まえ言及します。  ・・・もっと見る

2021年度介護報酬改定訪問薬剤師による居宅療養管理指導の改正チェックポイント(上)

薬局薬剤師の居宅療養管理指導を介護保険で評価

介護報酬改定調剤薬局最前線
2021-05-17
厚生労働省の社会保障審議会 介護給付費分科会で全介護事業のサービス単価が決定。2021年4月から新たな介護保険制度が施行されています。  ・・・もっと見る

新型コロナ支援交付金事業で、薬局の「感染防止等支援」に上限20万円の実費補助を導入

感染防止等支援新型コロナウイルス感染症調剤薬局最前線
2021-04-15
2021年に入り感染拡大「第3波」の長期化が危惧される中で、政府は1月8日から3月7日の予定で11都府県に2度目の「緊急事態宣言」を発出。それが功を奏したか、2月中旬段階で同感染者数は首都圏を除き小康状態を保ち、ピークは脱したかに見えます。3月に入り11都府県のうち同感染者数が下げ止まらない首都圏・1都3県を除き、同宣言を解除  ・・・もっと見る

薬機法改正で創設された2つのタイプの連携薬局の展望(4)

専門医療機関連携薬局の「連携」対象医療機関とは?

専門医療機関連携薬局地域連携薬局調剤薬局最前線
2021-03-11
2月2日現在のこの時期、11都府県で発出されていた新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく、緊急事態宣言が栃木を除き3月7日まで延長されることが決定。薬局業界を加えた医療界全体の話題が新型コロナに集中する中で、前出の改正薬機法省令の内容については各メディア等では、ほとんど報じられていません。  ・・・もっと見る

薬機法改正で創設された2つのタイプの連携薬局の展望(3)

中小規模の薬局には認定のハードルが高い専門薬局「個室等の整備」要件

専門医療機関連携薬局地域連携薬局調剤薬局最前線
2021-02-05
「地域連携薬局(以下、地域薬局)と比較すると、専門医療機関連携薬局(以下、専門薬局)の認定を直ぐに受けられる薬局は現状、極めて少数派ではないだろうか?“がんの専門性を有する常勤薬剤師(実績があり法人格を有する学術団体・学会等からの認定)”の新規採用、あるいは在籍薬剤師が当該学会等で教育を受け養成するにせよ、資格取得までには一定の期間を要する。  ・・・もっと見る

薬機法改正で創設された2タイプ 連携薬局の展望(2)

「地域連携薬局」は健康サポート薬局よりも普及を促進か

地域連携薬局調剤薬局調剤薬局
2021-01-08
「地域連携薬局」(同連携薬局に略)の機能や基準案等をつぶさに検証すると、2016年4月より制度化された「健康サポート薬局」(同サポート薬局に略)との共通点の多いことが分かります。同サポート薬局の基本的な機能は(1)服薬情報の一元化・継続的把握(2)24時間対応・在宅対応(3)医療機関等との連携―ですが、これら3点については、基準のハードルに違いがあるにせよ、求められる役割はほぼ共通すると思われます。  ・・・もっと見る

    次の10件>  最終>>| 

最新の医業経営コンテンツ

【22年度診療報酬改定】次期改定の検討とりまとめ案を大筋了承 ・・・

医業経営情報 最新情報

診療報酬調査専門組織の「入院医療等の調査・評価分科会」は10月21日、2022年度診療報酬改定に向けた検討結果の最終とりまとめ案を大筋で了承した。分科会長預かりで字句修正した後、中央社会保険医療協議会・診療報酬基本問題小・・・

2021-10-25

【NEWS】[調査・統計]9月の倒産は2件、負債総額は1億1,・・・

医業経営情報 最新情報

9月に倒産した医療機関は前年同月より1件多い2件で、負債総額は1億1,000万円(前年同月比5,500万円増)であることが、東京商工リサーチの調査で分かった。  ・・・

2021-10-25

介護保険制度とBCP

医業経営情報 最新情報

介護保険制度が創設されて21年目を迎えている。20年の節目だった2020年は、新興感染症という制度にとっても大きなリスクが顕在化した。高齢化がますます進むなかで、あらためて「持続可能性」という課題を突き付けられている。・・・

2021-10-25

はじめての施設長マニュアル(14)

医業経営情報 最新情報

身体拘束廃止への取り組みについては、無理解な施設長はいないと思いますが、内容を理解しているのと、実際にそれを実行できているのとでは大きな違いがあります。そもそも、介護保険施設などにおいては身体拘束が原則として禁止されてお・・・

2021-10-25

[メディカルウェーブ/No.4521] C-2水準の対象分野、・・・

医業経営情報 最新情報

COVID-19対応についてヒアリング~医療計画検討会/救急・災害医療提供体制等WGが初会合~厚労省 他・・・

2021-10-22

【22年度診療報酬改定】かかりつけ医機能の評価で議論が紛糾 中・・・

医業経営情報 最新情報

【概要】○厚生労働省は外来医療の論点として、▽「地域包括診療加算」「地域包括診療料」の対象疾患への慢性腎臓病と心不全の追加▽「小児かかりつけ診療料」の施設基準見直し▽かかりつけ医と専門医の連携で「診療情報提供料(III)・・・

2021-10-22

スタッフが安心して働ける体制が患者が安心できる在宅医療となる

医業経営情報 最新情報

医療法人社団ときわは、2016年に東京都北区で赤羽在宅クリニックとして開業。翌年17年に医療法人化し、現在は、赤羽、大宮、練馬区、墨田区、武蔵野市、日本橋と、6軒の在宅専門診療所を展開しています。・・・

2021-10-22

【NEWS】[調査・統計]9月の医療事故報告は18件

医業経営情報 最新情報

日本医療安全調査機構(医療事故調査・支援センター)が発表した9月の「医療事故調査制度の現況報告」では、医療事故報告18件(累計2174件)あった。病院・診療所別では、病院から 16件、診療所からの報告が2件だった。・・・

2021-10-21

新規会員登録をする

ログインする