実務レベルの医業経営コンテンツをご提供する会員制サイトMMI実務レベルの医業経営コンテンツをご提供する会員制サイト「MMI」

セミナーレポート・インタビュー

セミナーレポート・インタビュー

全 184 件
    次の10件>  最終>>| 

本格始動するオンライン資格確認

なぜ普及が進まないのか

オンライン資格確認セミナー眼目
2021-10-11
いよいよ2021年10月より「オンライン資格確認」の本格始動が開始されます。本格始動はもともと2021年3月末に予定されていましたが、長引くコロナ禍の影響から、データ整備の遅れ・不備などのトラブルが顕在し、「データの正確性」に課題があるとして半年間の延期が発表されていました。  ・・・もっと見る

新型コロナの自宅・宿泊療養者に対するオンライン診療の活用

オンライン診療の規制緩和

オンライン診療セミナー眼目
2021-09-10
2021年7月から始まった第5波となる新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、いっこうに収束する気配もなく、全国で陽性者の最高値を連日更新しています。感染急拡大の影響から、地域の新型コロナの病床はほぼ満床状態にあり、入院できずに自宅やホテルで療養する患者が急増しています。  ・・・もっと見る

規制改革実施計画にみる薬局への影響

デジタル規制改革の加速

セミナー眼目
2021-08-06
2021年6月18日に「規制改革実施計画」が閣議決定されました。規制改革実施計画は、今後の規制改革の方向性をまとめたもので、規制改革を総合的に調査審議する内閣総理大臣の諮問機関である「規制改革推進会議」が、行政手続コストの削減や分野ごとの規制改革に取り組み、先に2020年7月2日に「規制改革推進に関する答申」が提出されます。その後引き続き検討を行い、「規制改革推進に関する答申」が2021年6月1日に内閣総理大臣に提出されています。  ・・・もっと見る

次期改定で本格化するか?オンライン服薬指導の薬局経営への影響

オンライン診療オンライン服薬指導眼目
2021-07-01
オンライン診療・オンライン服薬指導は、1度目の「緊急事態宣言」が出された2020年4月に大幅な規制緩和が時限的に行われました。オンライン診療は初診から可能となり、対応する疾患などの条件も緩和されました。  ・・・もっと見る

コロナ禍で変革が求められる薬局経営(3)

ICT眼目薬局
2021-06-18
2020年1月にわが国で始まった新型コロナの感染拡大は約1年が経過し、21年2月から医療従事者、高齢者とワクチン接種が始まっています。一方で、感染状況は第4波が来ており、3回目となる緊急事態宣言が発令されています。  ・・・もっと見る

オンライン資格確認の本格運用、半年間延期

オンライン資格確認眼目顔認証付きカードリーダー
2021-05-25
3月26日の社会保障審議会医療保険部会で「オンライン資格確認」の半年間延期が発表されました。オンライン資格確認は、少なくとも薬剤情報の閲覧が始まる2021年10月までに稼働することを目途に、新たに仕切り直しされることが決まりました。  ・・・もっと見る

コロナ禍で変革が求められる薬局経営(2)

セミナー眼目調剤薬局薬機法
2021-04-22
薬機法の改正が必要になった背景には、調剤薬局に対して、「患者が負担に見合うだけのサービス向上・分業化を実感できない」という「医薬分業に対する指摘」があります。また、わが国で急速に進む高齢化の進展により、多剤投与とその副作用の懸念の高まりや外来で治療を受けるがん患者の増加、在宅医療の浸透などから、「外来・在宅での薬物療法の重要性」があります。  ・・・もっと見る

コロナ禍で変革が求められる薬局経営(1)

オンラインセミナー眼目薬局
2021-03-10
2020年初頭にから始まった「新型コロナウイルス感染症」の感染拡大。わが国で第1号の感染報告から約1年が経った現在でも依然勢力を保ち、社会を感染症の恐怖で包んでいる。長引くコロナ禍は、わが国の医療そして調剤薬局を取り巻く経営環境を大きく変えてしまった。  ・・・もっと見る

オンライン資格確認の現状と今後(3)

オンライン資格確認は「データヘルス改革」のベースとなる仕組み

オンライン資格確認セミナーデータヘルス改革眼目
2021-02-17
なぜ、いま「オンライン資格確認」を政府は一気に進めようとしているのでしょうか。コロナ禍で、わが国のICT化の遅れが露呈しました。医療の世界では、保健所の報告体制でも明らかなように、いまだにFAXが主流の通信手段となっています。  ・・・もっと見る

オンライン資格確認の現状と今後(2)

オンライン資格確認セミナー眼目
2021-01-21
前回、オンライン資格確認は医療機関・薬局にとって、導入のメリットはあるものの、普及が遅れている状況をお話ししました。遅れている原因として政府は以下のように分析しています。  ・・・もっと見る

    次の10件>  最終>>| 

最新の医業経営コンテンツ

【22年度診療報酬改定】次期改定の検討とりまとめ案を大筋了承 ・・・

医業経営情報 最新情報

診療報酬調査専門組織の「入院医療等の調査・評価分科会」は10月21日、2022年度診療報酬改定に向けた検討結果の最終とりまとめ案を大筋で了承した。分科会長預かりで字句修正した後、中央社会保険医療協議会・診療報酬基本問題小・・・

2021-10-25

【NEWS】[調査・統計]9月の倒産は2件、負債総額は1億1,・・・

医業経営情報 最新情報

9月に倒産した医療機関は前年同月より1件多い2件で、負債総額は1億1,000万円(前年同月比5,500万円増)であることが、東京商工リサーチの調査で分かった。  ・・・

2021-10-25

介護保険制度とBCP

医業経営情報 最新情報

介護保険制度が創設されて21年目を迎えている。20年の節目だった2020年は、新興感染症という制度にとっても大きなリスクが顕在化した。高齢化がますます進むなかで、あらためて「持続可能性」という課題を突き付けられている。・・・

2021-10-25

はじめての施設長マニュアル(14)

医業経営情報 最新情報

身体拘束廃止への取り組みについては、無理解な施設長はいないと思いますが、内容を理解しているのと、実際にそれを実行できているのとでは大きな違いがあります。そもそも、介護保険施設などにおいては身体拘束が原則として禁止されてお・・・

2021-10-25

[メディカルウェーブ/No.4521] C-2水準の対象分野、・・・

医業経営情報 最新情報

COVID-19対応についてヒアリング~医療計画検討会/救急・災害医療提供体制等WGが初会合~厚労省 他・・・

2021-10-22

【22年度診療報酬改定】かかりつけ医機能の評価で議論が紛糾 中・・・

医業経営情報 最新情報

【概要】○厚生労働省は外来医療の論点として、▽「地域包括診療加算」「地域包括診療料」の対象疾患への慢性腎臓病と心不全の追加▽「小児かかりつけ診療料」の施設基準見直し▽かかりつけ医と専門医の連携で「診療情報提供料(III)・・・

2021-10-22

スタッフが安心して働ける体制が患者が安心できる在宅医療となる

医業経営情報 最新情報

医療法人社団ときわは、2016年に東京都北区で赤羽在宅クリニックとして開業。翌年17年に医療法人化し、現在は、赤羽、大宮、練馬区、墨田区、武蔵野市、日本橋と、6軒の在宅専門診療所を展開しています。・・・

2021-10-22

【NEWS】[調査・統計]9月の医療事故報告は18件

医業経営情報 最新情報

日本医療安全調査機構(医療事故調査・支援センター)が発表した9月の「医療事故調査制度の現況報告」では、医療事故報告18件(累計2174件)あった。病院・診療所別では、病院から 16件、診療所からの報告が2件だった。・・・

2021-10-21

新規会員登録をする

ログインする