実務レベルの医業経営コンテンツをご提供する会員制サイトMMI実務レベルの医業経営コンテンツをご提供する会員制サイト「MMI」

気になる注目キーワード

気になる注目キーワード  #医療保険

全 27 件
    次の10件>  最終>>| 

【NEWS】23年度4-9月の概算医療費、前年比4.0%増 

最近の医療費の動向 厚労省

医療保険調査・統計
2024-03-01
厚生労働省がこのほど公表した「最近の医療費の動向[概算医療費]2023年度9月号」によると、23年度4-9月の概算医療費は23.5兆円、対前年同期比では4.0%の伸びとなった。うち医療保険適用の75歳未満は13.0兆円(対前年同期比2.4%増)、75歳以上は9.3兆円(6.2%増)だった。  ・・・もっと見る

【NEWS】健保連の22年度の経常収支、2,770億円の赤字見込み 

新型コロナの影響による拠出金減少で赤字が一時的に改善

医療制度改革医療保険新型コロナ
2022-05-12
○健康保険組合の2022年度予算における経常収支は2,770億円の赤字見通しだが、赤字額は前年度予算比で2,000億円以上縮小○20年度の新型コロナウイルスの感染拡大で高齢者医療費が減少し、22年度の高齢者等拠出金見込み額が減少したことや、20年度の拠出金の精算で1,445億円の返還があったことが赤字縮小の主な要因○健保連は「一時的かつ極めて異例な減少」と強調。団塊の世代が75歳に到達する23年度以降は拠出金の急増は必至だとの見方を示している  ・・・もっと見る

【NEWS】オンライン資格確認、プレ運用の参加を促進へ

社保審・医療保険部会へ厚労省が報告

オンラン資格確認医療制度改革医療保険
2021-06-30
【概要】○厚生労働省は6月25日の社会保障審議会・医療保険部会で、オンライン資格確認等システムについて、7月に「集中導入開始宣言(リスタート宣言)」を行い、10月の本格運用に向けてプレ運用参加施設の拡大を図っていくと説明○顔認証付きカードリーダーの申込数は約13万施設となり、全医療機関・薬局の57.1%に到達。プレ運用参加施設数も3月時点の54施設から732施設に増加○まずはカードリーダー申込み済みの約13万施設に早期導入を呼びかけ、2022年3月までに医療機関・薬局の9割程度への導入を目指す  ・・・もっと見る

【NEWS】健保連の21年度の経常赤字が2,792億円増加の見込み 

新型コロナの影響で財政危機が1年早く到来したと分析

医療制度改革医療保険新型コロナ
2021-04-27
概要○健康保険組合の2021年度予算における経常赤字額は5,098億円で、前年度比で2,792億円拡大する見通し○新型コロナウイルスの影響による標準報酬月額などの減少や、前期高齢者納付金の大幅増が財政悪化の主たる原因○これまでも、団塊の世代が後期高齢者入りする22年以降の財政悪化が危惧されていたが、健保連はコロナ禍でそれが1年前倒しされたと分析している  ・・・もっと見る

【NEWS】マイナンバーカードと健康保険証の完全一体化を

経済財政諮問会議で民間議員が提案

オンライン資格確認医療制度改革医療保険
2021-04-20
政府の経済財政諮問会議は4月13日、デジタル化の推進などをテーマに意見交換した。この中で民間議員は、マイナンバーカードを基盤とした行政サービスのデジタル化を一気に推進する必要があると指摘。マイナンバーカードと健康保険証の完全な一体化を実現するよう強く要請した。  ・・・もっと見る

【NEWS】20年度の患者申出療養技術は7種類、21施設で実施

費用の総額は約0.6億円 中医協・総会

医療保険診療報酬
2021-02-18
厚生労働省は2月10日の中央社会保険医療協議会・総会に、2020年度(19年7月1日~20年6月30日)の患者申出療養の実績を報告した。それによると、20年6月末現在の患者申出療養技術数は7種類、実施医療機関数は21施設だった。  ・・・もっと見る

【NEWS】 オンライン資格確認でプレ運用参加施設を募集 厚労省

3月上旬から医療機関・薬局500施設を対象に実施

オンライン資格確認医療制度改革医療保険
2021-02-03
厚生労働省は1月29日、マイナンバーカードを健康保険証として利用する「オンライン資格確認」について、3月上旬からプレ運用を開始すると発表した。3月下旬から始まる本格運用と同じ環境下で、患者にもマイナンバーカードを使って受診してもらうことを想定。500施設程度の医療機関・薬局を対象とする考えで、現在、参加施設の公募を行っている。  ・・・もっと見る

【NEWS】 19年度の保険指定取消は21件 指導・監査の実施状況

返還金額の総額は108億円超

医療保険調査・統計
2021-01-20
厚生労働省が1月12日に公表した「令和元年度(2019年度)における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況」によると、19年度に保険指定取消などの処分を受けた医療機関等は21件、指導・監査などの結果、医療機関等に返還を求めた額は108億を超えることが明らかになった。  ・・・もっと見る

【NEWS】年収200万円以上の後期高齢者を2割負担化

全世代型社会保障検討会議の決定受け 社保審・医療保険部会

医療制度改革医療提供体制医療保険
2020-12-24
社会保障審議会・医療保険部会は12月17日、前回に続き「議論の整理(案)」について意見を交わした。政府の全世代型社会保障検討会議の最終報告(改革の方針)を踏まえ、前回の案にはなかった後期高齢者の窓口負担などに関する記載を追加。2割負担となる所得の基準は、課税所得が28万円以上(所得上位30%)かつ年収200万円以上(複数世帯の場合は後期高齢者の年収合計が320万円以上)とし、該当しない後期高齢者は従来通り1割負担とする。  ・・・もっと見る

【NEWS】受診時定額負担の対象拡大案を大筋了承 社保審・医療保険部会

具体的制度設計は中医協で議論へ

医療制度改革医療提供体制医療保険
2020-12-08
社会保障審議会・医療保険部会は12月2日、紹介状なしでの大病院受診時定額負担で、厚生労働省が提案した義務化対象の拡大案を大筋で了承した。医療関係者は初・再診時の保険給付範囲を縮小するスキームに当初、難色を示していたが、見直し案は外来の機能分化を推進するための例外的な対応であり、対象を限定すること、かかりつけ医への受診が徹底されれば将来的には解消される仕組みであること―の明確化を条件に容認した。  ・・・もっと見る

    次の10件>  最終>>| 

最新の医業経営コンテンツ

【NEWS】事後検証を行う仕組みの構築求める声も 新地域医療構・・・

医業経営情報 最新情報

厚生労働省の「新たな地域医療構想等に関する検討会」は5月22日、2回目の関係団体・有識者ヒアリングを行った。発言者からは、地域医療構想推進のために行った施策を事後検する仕組みの構築や、構想区域の設定について地域の実情に応・・・

2024-05-27

医療DX推進体制整備加算の算定について

医業経営情報 最新情報

2024年度診療報酬改定において、「医療DX推進体制整備加算」が新設されました。最近、同点数に関して、わかりにくいという質問が増えていますので解説します。 ・・・

2024-05-27

介護情報基盤

医業経営情報 最新情報

介護分野でも、自治体・利用者・事業者・医療機関などが、利用者に関する情報等を電子的に閲覧できる情報基盤が整備される。2026年度からの「介護情報基盤」の本格運用開始を目指し、情報共有の内容などの検討が進められ、中間とりま・・・

2024-05-27

[メディカルウェーブ/No.4776] 24年度改定の調査・検・・・

医業経営情報 最新情報

若手勤務医らの賃上げ可能な時期を明示~厚労省/妊産婦の支援強化策で検討会設置へ~社保審医療保険部会 他・・・

2024-05-24

【NEWS】診療所過剰地域の診療報酬単価引き下げなど提言 財政・・・

医業経営情報 最新情報

財務大臣の諮問機関である財政制度等審議会は5月21日、春の建議「我が国の財務運営の進むべき方向」をまとめた。社会保障関係では医師の病院・診療所間及び地域間の偏在是正策として、診療所の診療報酬適正化や診療所過剰地域における・・・

2024-05-24

2024年度診療報酬改定

医業経営情報 最新情報

特定疾患療養管理料の対象から脂質異常症、高血圧症、糖尿病が除外されるなど、診療所にとっては厳しい内容となった2024 年度診療報酬改定。 ・・・

2024-05-24

【24年度診療報酬改定】「ベースアップ評価料(I)」の届出期限・・・

医業経営情報 最新情報

厚生労働省は5月20日、2024年度診療報酬改定で新設される「ベースアップ評価料」の届出について事務連絡した。新設点数等を24年6月1日から算定する場合には、6月3日までに地方厚生局への届出を完了する必要があるが、「外来・・・

2024-05-23

DgSにおける調剤実績10%増ペース維持

医業経営情報 最新情報

日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は先ごろ開いた定例会見で、2023年度実態調査結果から調剤の動向を整理した結果、2023年のDgSの調剤額は1兆4,025億円(前年比9.5%)だったことを報告した。調査結果に・・・

2024-05-23

新規会員登録をする

ログインする